8月、孫への手土産にブルーダー社の1/16 CATミニショベル(フィギュア付き)をプレゼント。

このミニショベルがとても精巧に出来ていると評判な事と、前回のダンプトラックとの連携(これでダンプに砂や土砂を積み込む)を考慮しての選択です。

そしてもう一点、フィギュアが付く事が大きな選択ポイントになりました。

このシリーズを楽しむ上では、種々のフィギュアが観ても遊んでも楽しみを倍増させる重要な役割を担っている様に思います。

姿勢を自由に変えられるので、ミニショベルはもちろん、先のダンプトラックの運転手にもなれるし、作業員にもなれます。

フィギュアがあると孫の遊び方の幅も広がりますね。
次はどれにしようかな???こちらの夢も広がります。(笑)

さて、今日もそろそろbourbon-time・・・・ではまた。

《2019年9月20日 追記:》

先日、孫と遊ぶ機会がありました。
ミニショベルは確かに精巧な造りで、更にアームやキャタピラーの動きも大変スムーズで良く出来ていました。
また、フィギュアも同様に精巧で色々なポーズをとれます。

孫は大喜びでダンプとこれらを合わせて遊んでいました。
このシリーズ、大人になっても飾って楽しめそうです。

—<< 広告 / Sponsered Link >>—



5月5日こどもの日、孫(一歳半)へのプレゼントは独ブルーダー社のプロフェッショナルシリーズから。

MACK Granite Dump Truck (BR02815) 1:16 スケールの大きなおもちゃです。

このシリーズは”はたらくくるまの知育おもちゃ”として以下のようなカテゴリーに分けて多種多様な製品が販売されており、これらの中には働く人や動物も含まれます。

・Construction(建設) ・Emergency(緊急) ・Commercial(商業) ・Leisure time(レジャー) ・Agliculture(農業) ・Forestry(林業)

今回のMACK Granite Dump Truckのカテゴリーは建設かな?

スケール(縮尺): 1/16 MACK(マックトラックス社)は米国のトラック専門メーカーです。 ドア: 開閉可能 荷台: 1段階傾斜。 荷台後方: 開閉可能 ボンネット: 開閉可能 本体サイズ :高さ: 225mm 長さ: 530mm 幅: 185mm 主な製造国 :ドイツ 対象年齢 :3才以上

対象年齢は3歳からとなっていますが、一歳半の孫はその大きさにビックリ!

存在感が違います。 十分に遊べているようで、こちらも大満足。(笑)

このシリーズは多種多様な仕事で活躍する車、機械だけでなく、その付帯装置や、作業員や警官、消防士等々の多種多様な人や馬のフィギュアもあり、こちらの夢も果てしなく広がります。(笑)

さて、今日もそろそろbourbon-time・・・・ではまた。

—<< 広告 / Sponsered Link >>—




米国クリプッシュ社の『 Forte Ⅲ Special Edition 』

Klipsh Forte -1
Klipsch Forte -2

1985年に発表された旧い機種ですが、今もKlipsch Heritage Seriesとして販売されています。

先日同社の『La Scala』や『Klipschhorn』といった大型ホーンスピーカーセットが気になり、あれこれ調べている中でこの『Forte Ⅲ』を知り、写真を見た瞬間から、このデザイン、佇まいに魅かれて頭から離れません。

これも高域、中域がホーン型で、大変能率の良いスピーカーなので、小出力の真空管アンプなどにも適しているようです。

突き板の仕上げが数種類ありますが、写真のCalifornia Black WalnutはSpecial Edition専用です。 Lambswoolという布のグリルとの組み合わせはクラシカルで良い佇まいですよね。 音も良いに決まってます!(笑)

実はもう一機種気になるのが・・・これは次回に。

さて、今日は土曜日休肝日・・・・ではまた。

—<< 広告 / Sponsered Link >>—


数学ブロック『マグ・フォーマー(MAGFORMERS)』のダイナソーセット(40ピース)

孫(1歳)へのクリスマスプレゼント!

作れるようになるまでマグ・フォーマーは暫く間を置くつもりだったのですが、ついつい(笑)

先日の乗り物セット(16ピース)、ベーシックセット(30P)に続く、マグ・フォーマーの第三弾目です。
これで部品数が合計86ピースになり、あれこれ創作できますね。

今回もプレゼント用なので、安心を買ってボールネンド社の物を購入。
並行輸入物との差額がもっと小さくなる事を切に願う・・(祈)

まだ1歳の孫に恐竜は作れないと思いますが、ま、いずれその時が来るのを楽しみに(笑)

次は何にするか???(悩)

さて、今日もそろそろbourbon-time・・・・ではまた。

—<< 広告 / Sponsered Link >>—





英国Chord Electronics社の Hugo TT 2
*TT=Table Top

hugo tt 2-1

7月のニュースで、小型の据え置き型DAC「Hugo TT 2」が発表されています。今年の秋に発売予定で価格は70万円前後を予定との事。
同時に、Hugo TT 2との連結を想定した小型据え置き型のアップスケーラー「Hugo M scaler」と小型アナログアンプ「TTobby」も開発中である事が発表されています。

このHugo TT 2は、単にHugo 2の据え置き型バージョンというよりも、内容、価格面から更に高性能な上級機の位置付けですね。

Hugo 2と比べると、据え置き型としてバッテリーに代えてスーパーキャパシターによる高い電源供給性能を有した電源回路、タップ数を倍増したDAC回路、等々のアップグレードがなされ、各種技術スペックの値も更に向上しているようです。

同社DACのフラッグシップ機『Dave』に更に一歩近付いたようですね。

そんなHugo TT 2と開発中のHugo M Scalerアップサンプラーとの組み合わせは、ハイレゾ音源はもちろんの事、手持ちのCDがどれ程良くなるのかと想像するだけでときめきます。

Hugo m scaler-1

CDがこれまで以上の宝物となるのか・・・Hugo TT 2 + Hugo M Scalerの組み合わせで是非聴いてみたいものです。でも、個人的には遥か遠くの高嶺の花ですね(泣)

さて、ここまでずっと気になるDACとして英国Chord Electronics社の製品を取り上げているのは、Chord社独自の理論と技術で理想の音楽再生用DACを追求する姿勢にも魅力を感じているからです。

汎用のDSPチップに頼らずに、汎用高速FPGAチップを使用した独自のアーキテクチャーである「WTAフィルター」、「パルスアレイ」の構成によるDACの技術的詳細はChord社の資料や、ネットでも解説が多数出ていますのでそちらをご参照願います。
そして、出力されるその音は・・・まだ聴いた事がありませんが、とても気になります。
悪いはずがありませんよね!(笑)

Hugo range

これからも高速FPGAチップの性能向上は続き、それを駆動するChord社独自のアルゴリズムもアーキテクチャーも進化し続けるものと思います。
個人的には、一日も早くDave+Blu MkⅡの高性能が廉価で提供される(夢のような)機種の登場を期待したいところです。(祈)

さて、今日は土曜日休肝日・・・・ではまた。

—<< 広告 / Sponsered Link >>—



英国Chord Electronics社の Qutest

先述の携帯用Hugo 2がベースの据え置き型DACです。

Hugo 2のバッテリー駆動回路やヘッドフォンアンプ部分を取り除き、出力はRCAライン専用となります。機能面ではBluetoothやクロスフィードファンクションが省かれていますが、その分価格が抑えられています。

据え置き型としてデザインその他の見直しを受けたQutestは、据え置き型指向の方には朗報ですね!

尚、バッテリー駆動では無いためか、外部のACアダプターからマイクロUSB経由で供給されるDC電源の質が音質に影響を与えるというレビューもあります。
外付けACアダプターとマイクロUSB電源供給ラインも音質チューニングの一要素という事ですね。

据え置き型に特化したQtest、価格もデザインも魅力的です。

Qutest いいですね!

さて、今日は土曜日休肝日・・・・ではまた。

—<< 広告 / Sponsered Link >>—



英国Chord Electronics社の Hugo 2

先述の通り、ハイレゾが気になってあれこれ関連機材を調べている中で気になったDACです。

製品説明ではTransportable DAC/Headphone Amplifierとなっており、本来は携帯用の「バッテリ駆動のUSB DAC兼ヘッドフォンアンプ」ですが、その音の良さから、これを自宅の据え置き型として検討するユーザーも多いようです。

内部DC電源はバッテリー駆動なので、自宅のAC電源環境の影響を受けにくい事も音質向上のメリットになるのかな?と思います。
小さくて置き場所をとらず、質感も良さそうです。

種々のレビュー記事を見ると、ハイレゾのみならずCD音源の音質向上も期待できそうです。

いいなー!Hugo 2

色はブラックとシルバー・・・・ブラックかな?

さて、今日もそろそろbourbon-time・・・・ではまた。

—<< 広告 / Sponsered Link >>—



今更ですが、ハイレゾの音の良さに驚きました。

オーディオ装置を別の部屋に移動したのですが、音が馴染まずあれこれ調整中の事。
ネットのハイレゾ音源販売サイトで普段聴きなれた曲の96kHz/24bit版を試聴してビックリ!!
ず~~~っと好みの響きで部屋が満たされます。

因みに、現状のハイレゾ再生環境は、
自作WinPCのマザーボード(ASUS/P7P55D-E EVO)のオンボードオーディオチップ(VIA/VT1828)でDA変換したアナログ音声信号をプリメインアンプ(McIntosh/MA6900)を通してスピーカー(Spendor/BCⅡ)で再生しています。

普段はCD(marantz/CD-23D Limited)か、上記のWinPCのiTunesでApple Musicの圧縮音源を聴いています。が、、、

MA6900-5

MA6900-1MA6900-2MA6900-3MA6900-4

これをきっかけに、音楽ソースのハイレゾ音源の購入? オーディオ環境に最新DAC導入? アップコンバート機能の附加? 等々、システムの見直しを夢想するこの頃。

夢は果てしなくどんどん勝手に拡がります(笑)
とは言え、先ずは移動した部屋でのセットアップが優先事項。これがなかなか・・・・

さて、今日もそろそろbourbon-time・・・・ではまた。

あれ! 何か・・・いい感じかも!?

—<< 広告 / Sponsered Link >>—



数学ブロック『マグ・フォーマー(MAGFORMERS)』のベーシックセット(30ピース)を
孫の1歳の誕生祝にプレゼント!

先日の乗り物セット(16ピース)に続き、マグ・フォーマーの追加です。

今回もプレゼント用なので、安心を買ってボールネンド社の物を購入。
並行輸入物との差額がもっと小さくなると嬉しいのですが・・。

まだ1歳の孫ですが、それでもくっつけて遊んでくれるようです。よしよし(笑)

次に買い足すのは孫がもう少し自分で作れるようになってからですね。
その時が来るのを楽しみに待ちたいと思います。

さて、今日もそろそろbourbon-time・・・・ではまた。

—<< 広告 / Sponsered Link >>—






ADAGIO Karajan

ADAGIO-Karajan-2

1995年頃、クラッシック音楽に於いて、今で言うコンピレーションのアルバムが海外で異例なヒット作となっている事を知り入手。

以来、自身の中では最も再生回数の多いアルバムです。

これまで5千回以上は確実に聴いています!

但し、深夜、就寝時に聞きながら寝るケースが多く、曲の最後の方を聴く回数はずっと少ないかも(笑)。

その美しくも静かに溢れるような、流れるような演奏に、ほ~~と寛ぎ、そして癒されます。

そして寝れます(キッパリ)

ADAGIO-Karajan-1

以降、そのシリーズ(他社のも含め)を継続して入手。

気分で使い分けています。

が、今のところ再生回数は元祖「ADAGIO Karajan」が圧倒しています。
作者はこれが作りたかったんでしょうね。心より感謝!

ADAGIO-Karajan-3

今となっては、写真の全部が一つのパッケージの様に感じていて、どれも大切なアルバムです。
おそらく、ずっと・・・今も、

さて、今日もそろそろbourbon-time・・・・ではまた。

—<< 広告 / Sponsered Link >>—