生後二ヶ月半の孫が絵本を見て笑いました!

この絵本を開いて見せると手を出して笑います。

「赤ちゃんが注目する白黒を中心に、「赤」でコントラストを効かせた黒、白、赤絵本・・・」との説明ですが、確かに反応します。

本当に大きな口を開いて嬉しそうに笑います。

Magogawarau

おもしろいですね。

さて、今日もそろそろbourbon-time・・・・ではまた。

—<< 広告 / Sponsered Link >>—



ハリーポッターシリーズは発刊された時からのファンで、子供の為と言いながら続きが出るのを首を長くして待ち、発売と同時に書店に駆け込んでいたのがつい先日の様です。

そんなハリーポッターシリーズの著者 J.K.ローリングがロバート・ガルブレイス(Robert Galbraith)のペンネームで書いている『私立探偵コーモラン・ストライク』シリーズ。

数年前に「あの J.K.ローリングが別のペンネームで書いている!」と話題になったので知ってはいましたが、ハリポタではないので気にも止めませんでした。

ところが先日「ハリポタ好きなら」と知人の薦めもあって、読んでみたらすっかり嵌ってしまいました。
どの辺りが「ハリポタ好きなら」なのかは不明ですが。(笑)

シリーズは2018年春の時点で3作あり、3作目はまだ翻訳版が出ていません。

■ カッコウの呼び声(上)

■ カッコウの呼び声(下)

■ カイコの紡ぐ嘘(上)

■ カイコの紡ぐ嘘(下)

■ Career of Evil

で、3作目『Career of Evil』の翻訳版を待ちきれないのでペーパーバック版を注文し、予定より早く(?)一月半程で先日届きました。(やったー!)

Career-of-evil

これで電子辞書片手に(時にはGoogle翻訳で)当分の間楽しめそうです。
とは言え、只今別に電子辞書で奮闘中の一冊があり、この戦い(?)が終わるまで暫く おあずけ です。

内容はもとよりコーモランとロビン(派遣秘書から相棒?)の関係の行方も気になります。(笑)
早く読みたい!

ところで、3作目から2年が過ぎ、4作目は何時出るのだろうか?

さて、今日は土曜、休肝日・・・・ではまた。

【2020/03/04 追記】
2018年9月出版『私立探偵コーモラン・ストライク』シリーズの第4作が出ていました。

■ Lethal White

この第4作はもとより第3作も未だに日本語版が出ていないようです。
待ちきれないので、今 慌ててペーパーバック版を注文しました。(笑)
また、暫く辞書と奮闘の日々が続きそうです。

さて、今日もそろそろbourbon-time・・・・ではまた。

—<< 広告 / Sponsered Link >>—






『缶の油を新しいオリーブオイルに入れ替える』発想にビックリ‼︎

昔、料理屋さんである調理方法を教えてもらった時からハマってしまい、家でも良く作るようになりました。

以来、我が家のオイルサーディン缶のメニューはこれに決まっていたのですが、サルボ恭子さんの料理本、飲めるおつまみ『ウマつま』に載っている『オイルサーディン缶のピリ辛オイル焼き』を知ってからは、こればっかり作っています。

以前から味と健康面でオイルサーディン缶が使用している油も気にはなっていました。

しかし、この本で、自分で好きなオリーブオイルに入れ替えてしまうという発想を知った時には正に目から鱗。

頭カタカッタな〜 (笑)

oil-sardine-1

油をきる

oil-sardine-2

oil-sardine-3

oil-sardine-4

オイル入れ替え完了

oil-sardine-5

オーブン焼き上げ完了。
いただきます!

自分の選んだオイルですから当然安心して、美味しくいただけます。
本当に簡単で旨いつまみです!

さて、今日は日曜、休肝日・・・ではまた。
—-<< 広告 / Sponsered Link >>—-



次の一本はラフロイグ。村上春樹のエッセイ「もしも僕らの言葉がウィスキーであったなら」を参考に、年数は違いますが、財布と相談しながらの選択です。

Laphroaig Islay single malt whisky

Laphroaig
Islay single malt whisky

アイラの銘柄は馴染みのないものばかりで、店の棚に並んでいても、これまでは目を留めることはありませんでした。誰が買うんだろう?売れるのかなぁ?と・・・失礼。
この本に触れてからは、アイラは勿論のこと、それ以外の銘柄にも目が行くようになり、ウイスキーを選ぶ楽しみがひろがりました。他のウィスキー本も読んで見ようかと。
ま、バーボンがメイン、次がジンの順位はまだ揺らぎそうにありませんが。

 

 

 

村上春樹のエッセイ

村上春樹のエッセイ

この本は随分以前の物なのですが、図書館でたまたま目にして読んだのがアイラを知るきっかけになりました。文庫本が出ているのを知り早速入手。やった!

ところで、先のボウモアとラフロイグの比較では、本文中の「癖のある順番」と変わらず一安心(笑)。どちらも美味しく頂いております。次は・・・財布が。

さて、今日もそろそろbourbon-time・・・ではまた。

 

–<< 広告 / Sponsered Link >>–




季刊誌 Stereo Sound の新刊(春号)を買いました。季節毎の購読を楽しみにしてかれこれ四十年を超えています。が、最近は本屋さんで立ち読み(スミマセン)する管球王国の記事に吸い込まれる事が多く、どうしたものか・・どっちにするか・・両方か・・そんな贅沢は・・決められない自分の気持に、は〜〜っと、悩みを繰り返しているこの頃です。付き合いが長いと簡単に断捨離なんて・・・は〜〜〜〜っと。

小さいです。(笑)

今日は土曜日休肝日。

 


WordPress参考書

WordPress参考書

本日、書店に立ち寄ったついでにふと思いついてWordPress関連の書籍を眺めて見たら、ありました! 丁度知りたい辺りが分かり易く書かれているだけでなく、更に有用、重要な事柄がある事に気付かせてくれる、今まさに私が必要としている本に出会えました。WPのバージョンは違いますが、ネットからの情報とはまた一味違って、初心者向けのまとまった良さがありますよね。

パラパラ捲りながら、今夜もそろそろbourbon-time….. ではまた。